MSYは、ゲーミングブランド「RAZER」の新モデルとして、USBマウス「Salmsoa(サルモサ)」と、USBキーボード「Actosa(アクトサ)」「Lycosa Mirror(ライコサ ミラー)」を、12月12日に発売すると発表した。価格は「Salmsoa」が4980円、「Actosa」が7480円、「Lycosa Mirror」が1万3440円。

 「Salmosa」は、1800dpi Razer Precision 3G 赤外線センサーを搭載するUSBマウス。コンパクトで軽いボディーフォルムを実現し、指先の動きを最大限に引き出すことができる。また、長時間のマウス操作でも疲労しにくいデザインを採用した。

 マウス本体裏面に、ハードウェア制御の「dpiスイッチ」、ポーリングレートスイッチ」を装備。「dpiスイッチ」で800dpi/1800dpiの2段階切り替えが、「ポーリングレートスイッチ」で125Hz/500Hz/1000Hzの3段階に切り替えができる。本体サイズは長さ115mm×幅63×高さ37mm。対応OSはWindows Vista/XP。

 「Actosa」は、ゲーミングキーボード「Lycosa」のエントリーモデル。一方、「Lycosa Mirror」は、キートップに鏡面加工を施した上位モデル。両モデルとも、マクロ入力機能をサポートするほか、複数キーの同時押しにも対応する。Windowsキーを無効化する「ゲームモード」なども備える。

 本体サイズは両モデルとも共通で、リストレストなしで幅469×奥行き168×高さ15mm、リストレストありで幅469×奥行き221×高さ15mm。対応OSはWindows Vista/XP。