東芝は9月25日、シリアルATAインターフェイスを採用し、業界最大の記憶容量が250GBの1.8型のHDD「MK2529GSG」、160GBの「MK1629GSG」、120GBの「MK1229GSG」を商品化し、11月に量産を開始すると発表した。

 3製品ともに、磁気ヘッドとディスクの磁性層を改良。「MK2529GSG」では1.8型HDD商品では587.1Mbit/mm2(378.8Gbpsi)と、業界最大の面記録密度を実現。250GBの容量を可能にした。

 インターフェースには、シリアルATAを採用。回転速度は5400rpmで、パラレルATAインターフェースのHDDと比べ、高速なデータへのアクセスができるという。インターフェース速度も同社の従来機種では1.5Gbpsだったが、新製品では1.5Gbpsと3Gbpsを選択することができる。

 モバイルPC用として堅牢面での充実も図った。磁気ディスク装置の落下を検知し衝突前にヘッドを退避させる「フリーフォールセンサー機能」をオプションで搭載できるようにした。

 サイズはいずれも54.0×78.5×8.0mmで、重量は「MK2529GSG」「MK1629GSG」が62g、「MK1229GSG」が60g。「MK2529GSG」では、従来機種よりもローパワーアイドル時の消費電力を約11%削減しており、約43%のエネルギー消費効率を向上させた。