キヤノンは、エントリークラスのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss F」と2本のズームレンズをセットにした「EOS Kiss F ダブルズームキット」を9月5日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は10万円前後の見込み。

 「EOS Kiss F」に、標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」と望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」をセットにしたモデル。2本ともシャッタースピード換算で、約4段分の補正効果を発揮する高性能の手ブレ補正機構を搭載する。

 一方、「EOS Kiss F」は、約1010万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ)や、高性能映像エンジン「DIGIC III」などによる高画質、高レスポンス性能を備えながら、EOS DIGITALシリーズで最軽量となる約450gを実現したデジタル一眼レフカメラ。

 最高約3コマ/秒で、メモリーカード容量いっぱいまで連続撮影が可能。2種類のAF機能や高速・高精度な7点測距AF、PCからのリモート撮影など多彩な「ライブビュー撮影」、明るさ・コントラストを自動補正する「オートライティングオプティマイザ」といった多彩な機能を搭載。EOS DIGITALの総合的なセンサーダスト対策「EOS Integrated Cleaning System」にも対応する。