ソニーは8月18日、「ハンディカム」などのビデオカメラで撮影した映像を、PCを使わずに12cmDVDディスクにダビングできるDVDライター「VRD-MC10」を10月10日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は4万5千円前後の見込み。

 USBケーブルで「ハンディカム」などのビデオカメラと本体を接続し、撮影した映像をハイビジョン画質またはSD(スタンダード)画質のままDVDディスクへダビングできる。ダビングしたDVDへ、後から映像を追記することも可能。DVテープや8mmビデオテープなどの各種のビデオカメラにも対応し、「ハンディカム」で撮影したものに限り、動画も静止画も1枚のDVDディスクに保存できる。

 2.7型液晶を搭載し、画面上で操作を確認しながらダビングが行える。撮影した日付から映像を選べる「撮影日選択」と、シーンのサムネイルで選べる「シーン選択」のいずれかでダビングしたい映像を選択できる。

 また、ダビングした映像の再生も可能。HDMI端子を搭載しており、テレビと接続することで、ハイビジョン画質でダビングしたDVDの再生が楽しめる。再生時に便利なリモコンも付属する。

 本体サイズは幅198×高さ75×奥行き230mm、重さは1750g。対応するDVDディスクは、12cmDVD、DVD+R/-R/+RW/-RW/+R DL。さらにメモリカードスロットを装備し、メモリースティック デュオ/メモリースティック/SDメモリーカード/xD-ピクチャーカード/コンパクトフラッシュに記録された動画/静止画を、DVDディスクにダビングすることもできる。