インターコム(高橋啓介社長)は7月16日、リコー(近藤史朗社長)のデジタル複合機「imagioシリーズ」と連携し、業界で初めて、複合機から給与明細書などが取得できるWindows向けソフト「Web給金帳 V2 for imagio」シリーズを開発し、リコーグループの販売会社を通じて、7月25日から発売すると発表した。

 「Web給金帳 V2 for imagio」シリーズは、リコーの「Operius(オペリウス)」ブランドの開発パートナーとして、同社の技術協力を得てインターコムが開発したもの。ラインアップは「Web給金帳 V2 for imagio 給与奉行版」「同 PCA給与版」「同 給与大臣版」「同 SMILEαAD給与管理版」の4製品で、価格はすべて50クライアントで39万3750円から。

 「Web給金帳 V2 for imagio」は、「imagio」と連携した給与・賞与明細書の配付と、PCや携帯電話を利用した明細の電子配付を実現するソフト。同ソフトを導入したPCでPDF化した明細データを、インターネットやイントラネットを通じて、社内や遠隔地事業所に設置した「imagio」から出力することが可能。受給者は、タッチパネルでID・パスワードを入力して配信用サーバーにログインし、明細をプリントアウトすることができる。

 明細書のPDFファイルは暗号化し、受給者のPCや携帯電話に電子メールで送信したり、ウェブサーバーに転送し、受給者がログインしてダウンロードすることもできる。音声/FAX情報サービスシステム「まいと?く VoiceFAX Center」とも連携し、従来の伝票のイメージのままFAXで明細書を受信することもできる。

 管理者側のPCの対応OSはWindows Vista/XP/2000/Server 2003。クライアント側の対応機種は「imagio MP C4000/C5000、C4500/C3500、C3300/C2800、C3000/C2500、C7500/C6000」「imagio MP 5000/4000、MP 3350/2550」。このほか「imagio Webアクセスカード」または「imagio PS3カード」が必要となる。