レノボ・ジャパン(天野総太郎社長)は7月16日、14インチ・ワイド型のノートPC「ThinkPad SL400」と15インチ・ワイド型の「ThinkPad SL500」を発売した。価格は、「ThinkPad SL400」が13万6500円から、「ThinkPad SL500」が14万1750円から。

 メンテナンス作業を軽減したり、PCのトラブルを解決したりするLenovo Careソフトウェアを搭載。ハードディスクを保護するアクティブ・プロテクション・システムを採用した。また、HDMIや指紋センサーなどをサポート。デザインはスタイリッシュさを追及し、黒く光沢のあるトップカバーを実装した。

 また8月6日には、ThinkPad T61pの後継機、15インチ・ワイド型「ThinkPad W500」を発売する。価格は36万円前後。専用・内蔵グラフィックモードをマニュアルでの切り替えが可能で、効率的にバッテリーを使用できる。ワイヤレス機能として、ワイヤレスLAN(MIMO)、WiMAX、ワイヤレスUSBなどをサポートする。

 また、Centrino 2プロセッサーを搭載した、ノートブック製品5機種もあわせて発表した。SSDやLEDバックライト・ディスプレイなどの機能を搭載。バッテリーライフを延長し、省電力、低温・静音を追及した環境に配慮した製品としている。価格は、「ThinkPad R400」が18万円前後、「ThinkPad R500」が 15万円前後、「ThinkPad T400」が28万円前後、「ThinkPad T500」が34万円前後、「ThinkPad X200」が22万円前後。詳細スペックは8月6日に発表予定。