NTTドコモは7月7日、法人向けに販売しているスマートフォン「BlackBerry」を個人で利用できる「ブラックベリーインターネットサービス」を8月1日から提供すると発表した。同時に、インターネット受付窓口やドコモショップ法人営業部門でも「BlackBerry 8707h」の販売を開始する。

 これによって、専用サーバーの設置などのシステム構築をすることなく、「BlackBerry」端末でインターネットサービスプロバイダーのメール利用やウェブ閲覧が可能になる。専用のメールアドレスのほか、他のプロバイダーのメールアドレスを最大10個まで利用可能で、メールの自動受信にも対応。利用料は月額3045円で、別途、FOMAの回線利用料やパケット通信料がかかる。

 さらに「BlackBerry」専用のパケット割引サービス「ブラックベリーデータ通信パック」も9月1日から提供。これを利用すれば、月額1680円で8万パケットまで利用でき、8万パケット超過後は1パケット当たり0.0525円。また「ブラックベリーインターネットサービス」と、法人向けサービス「BlackBerryネットワークサービス」を同時に利用できる「ブラックベリーデュアルサービス」も9月1日に開始する。利用料は月額3570円で、こちらも別途、FOMAの回線利用料やパケット通信料が必要。

 利用料金の例では、割引サービス「タイプSS」(オフィス割MAX50)と「ブラックベリーデータ通信パック」を含めて、「ブラックベリーインターネットサービス」を使うと月額6615円から、「BlackBerryネットワークサービス」では月額7140円から。なお、現在提供中の「BlackBerryネットワークサービス」は、8月1日以降「ブラックベリーエンタープライズサービス」にサービス名称を変更する。

 同社はこれまで、法人向けに「BlackBerry」を提供してきたが、中小法人や個人でも手軽に「BlackBerry」を利用したいというニーズがあり、これに対応したもの。システム構築をせずに、手軽に「BlackBerry」が利用できる体制を整備した。