SCEJ、「メタリック・ブルー」のPSPと「シナバー・レッド」のPS2を限定で

ニュース

2008/06/04 13:56

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は6月3日、携帯用ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の本体カラーに新色「メタリック・ブルー」を採用した「PSP『メタリック・ブルー』バリューパック」と、「PSP『メタリック・ブルー』ワンセグパック」を7月17日に、据え置き型ゲーム機「プレイステーション2(PS2)」で新色「シナバー・レッド」の「SCPH-90000 CR」を7月3日に、数量限定で販売すると発表した。

 「PSP『メタリック・ブルー』バリューパック」は、本体とポーチやストラップ、クロスのほか、32MBのメモリースティックデュオと専用のD端子ケーブルがセットになったモデル。一方、「PSP『メタリック・ブルー』ワンセグパック」は、ワンセグチューナーに加え、ワンセグ放送視聴時に便利な専用のスタンドや、チューナーごと入れられるポーチを付属し、1GBのメモリースティックPROデュオも同梱する。

 価格は、「PSP『メタリック・ブルー』バリューパック」が2万3800円、「PSP『メタリック・ブルー』ワンセグパック」が2万9800円。

 「SCPH-90000 CR」は、07年11月に発売したPS2「SCPH-90000」シリーズのきょう体カラーに鮮やかな赤朱色の「シナバー・レッド」を採用。「SCPH-90000」シリーズは、前シリーズ「SCPH-79000」の本体各部を新たに設計して軽量化を実現。ACアダプタを内蔵し、省スペース性にも優れる。価格は1万6000円。

オススメの記事