NECなど、押井守監督の新作映画とコラボしたPC発売、特設サイトもオープン

ニュース

2008/06/02 19:39

 NECとNECビッグローブは6月2日、アニメ映画「攻殻機動隊」「イノセンス」などを製作した人気映画監督、押井守氏の新作アニメ映画「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」とコラボレーションし、NEC製のPCや携帯電話と連携したプロモーションを展開すると発表した。

 今回のコラボレーションでは、NEC製の携帯端末「N906i」「N906iμ」を購入したユーザーに抽選で映画チケットやオリジナルグッズがあたるキャンペーンや、NECビッグローブが運営する「BIGLOBE」上に特設サイトを設置し、予告映像や押井監督へのインタビュー、関係者のブログなどを公開する。

 そのほか、NECの直販サイト「NEC Direct」で、同社のA4サイズノートPC「LaVie G タイプL スタンダード」とブルーレイディスクドライブも搭載可能なハイスペックノートPC「LaVie G タイプC」に、映画に関連した絵柄を刻印した「『スカイ・クロラ』刻印モデル」の受注を7月8日から開始する。刻印できる絵柄のパターンは、映画の特設サイト上でのユーザーからの投票により決定する。

 また、「『スカイ・クロラ』刻印モデル」第2弾として、押井監督が監修するモデルの企画も進行中だという。PCのイメージについて聞かれた押井監督は「金属製でとにかく頑丈なものがいい。刻印にしても彫り込むかたちにして、軍用品みたいに仕上げたい。パイロットがコックピットに持ち込めるようなイメージですね」とこだわりを見せた。

 山田幹雄・NEC宣伝部長は今回のコラボレーションについて「うちの宣伝部門、携帯部門、PC部門が共同で立ち上げた初の企画で、非常に画期的な試み。コラボレーションの話を聞いたときは、映画のタイトルどおり空にも昇る気持ちだった」と挨拶。また、映画に関しては「実写以上に美しい映像に感動した。恋愛以外にSF、社会風刺といった要素もあり、ぜひ多くの方に見てほしいし、BIGLOBEにも訪れていただければ」とアピールした。

 「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」は、押井監督の4年ぶりの長編アニメ映画で、同監督が手がける初のラブストーリー。戦争がショーとして提供される世界で、思春期の姿のまま永遠に大人にならない「キルドレ」と呼ばれる戦闘機パイロットたちの戦いを、主人公カンナミ・ユーイチの視点を通して描く作品。

 押井監督は映画に関して「僕がこれまで省みてこなかった若い人に向けて作りたい、いまなら作れる、と思って撮った作品です」と語った。また今回のコラボレーションについては、自身がNECのPCを愛用していることもあり「感慨深い」とコメント。また「今までの映画は納品して終わりだった。今回は納品後も忙しいんだけど、こういうPRの場というのも楽しいですね」とにこやかに語った。

オススメの記事