松下電器産業は4月23日、顔写真からキャラクターを自動作成する携帯電話・PC向けサービス「顔キャラ」の提供を開始した。利用料は無料で、パケット通信料などが別途必要。

 人物の顔写真を認識する技術を応用し、似顔絵のようなキャラクター画像を自動作成するサービス。携帯電話やPCから顔写真を送信すると、目・まゆ毛・鼻・口を自動で認識。それらの大きさや形状に類似したパーツを選び出し、認識した顔の位置に合わせて、4000通り以上の組み合わせパターンで顔を作成。さらに、27種類の衣装データを合成してキャラクターが完成する。

 対応する携帯電話は、NTTドコモ、au(KDDI)、SoftBankが提供する解像度320×240ピクセル以上のディスプレイ搭載モデル。

 同社が提供するSNS型の写真共有サイト「LUMIX CLUB PicMate」に会員登録すれば、画像を保存することも可能。利用者は、保存したキャラクター画像を同サイトやブログでプロフィール画像として使用するなど、さまざまに活用できる。今後、同社が運営するほかのサービスとの連携も検討する。