NTTコミュニケーションズは4月7日、映像、音声につけた香りを携帯電話でダウンロードする「香り通信モバイル」を開発したと発表した。これに伴い、同サービスのモニター利用実験を開始する。期間は4月10日から4月20日まで。

 「香り通信モバイル」は、PCのインターネット経由で香りを配信するサービス「香り通信」を携帯電話向けに応用したコンテンツ配信サービス。携帯電話で直接または間接的に「香り発生装置」を操作して香りを放出する。

 「リラックス」「リフレッシュ」などの心理的効用があるとされる香りと、映像や音声を組み合わせたコンテンツの再生や編集に加え、他者と共有・交換できる仕組みを提供する。「香り発生装置」も携帯電話に合わせて小型・軽量化しデザインも変更した。

 実験方式は、赤外線通信で「香り発生装置」を直接操作する方法と、サービスゲートウェイを通じて外出先から「香り発生装置」を制御する方法の2種類。モニターの男女20人に携帯電話と「香り発生装置」を無償で貸与する。

 モニターから利用目的や感想などを聞くことで、生活者のニーズや「香り発生装置」のデザインや操作性などについて検証する。なお、同実験の結果を踏まえ、「香り通信モバイル」の商用化を共同で推進する協業パートナー企業を募集する。