DNP、携帯電話で読む絵本、電子書籍販売サイトの新サービス

サービス

2008/03/25 17:05

 大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は、同社が運営する携帯電話向け電子書籍販売サイト「よみっち」で、新ジャンル「ケータイ絵本」を開設し、フロート(高橋立社長)が制作・発行する絵本コンテンツの配信を3月25日に開始した。1コンテンツあたりの価格は100-200円。

 「ケータイ絵本」は、静止画と文章で構成されたページを紙芝居のように読み進められるイラスト集。1月に配信を開始した雨宮亜季の「おかえりなさい」が好評だったことから、今回、人気イラストレーターや絵本作家の作品を配信する「ケータイ絵本」を新設した。

 今後、印刷物の絵本で人気のある作品に加え、キャプテン・スミスの「BLOW」やミクリナの「猫の王様とおまんじゅう」など、「ケータイ絵本」のオリジナル作品も配信する。

 DNPは9月までに50コンテンツを揃え、1万件のダウンロードを見込む。一方、フロートは、プロからアマチュアまで幅広く作品を募集し、絵本として発行するほか、これらの作品も「よみっち」で配信する予定。

オススメの記事