東芝、ビジネス向けノートPC4モデルでCPUのラインアップを刷新

ニュース

2008/01/23 19:35

 東芝は、ビジネス向けノートPCとして、「dynabook SS シリーズ」2モデル、「dynabook Satellite シリーズ」2モデルを1月30日から順次発売する。

 「dynabook SS シリーズ」では、Core 2 Duo 超低電圧版U7600(1.20GHz)を搭載した「dynabook SS RX1」と、Core 2 Duo T7250(2.00GHz)を搭載した「dynabook SS M41」をラインアップする。

 「dynabook SS RX1」は、12.1型ワイド液晶を搭載したビジネス向けのモバイルノートPC。薄さ7mmのDVDスーパーマルチドライブを採用し、最薄部0.45mm厚の薄型・軽量ボディを実現している。また、「dynabook SS M41」は、13.3型ワイド液晶を採用したビジネス向けモバイルノートPCで、約5.4時間の駆動が可能な持ち運びやすさが特徴。

 一方、「dynabook Satellite シリーズ」では、「dynabook Satellite K21」「dynabook Satellite J71」をラインアップする。両モデルともCore 2 Duo T7250(2.00GHz)を搭載するほか、「dynabook Satellite J71」は、Celeron 540(1.86GHz)も選択できる。

 「dynabook Satellite K21」は、15.4型ワイド液晶を搭載しながら、100cm落下テストや100ccの浸水テストに耐える堅牢性が特徴のノートPC。また、「dynabook Satellite J71」は15型液晶モデルで、FDD、シリアル端子、P/2端子などを搭載し、周辺機器との連携がしやすい。

 価格は、「dynabook SS RX1」が34万1460円から、「dynabook SS M41」が18万6900円から。「dynabook Satellite K21」が21万2100円からで、「dynabook Satellite J71」が18万2700円から。

オススメの記事