NTTドコモ(中村維夫社長)は1月21日、3.2インチの大画面とドルビーモバイルを搭載したシャープ製の携帯電話「AQUOSケータイ SH905iTV」を1月24日に発売すると発表した。

 色の再現力に優れた「高演色バックライト」を採用し、1677万色表示の「NewモバイルASV液晶」を搭載したサイクロイドスタイルが特徴の携帯電話。液晶本体と表面保護パネルを密着させ、間にあった空気層をなくすことで太陽光の乱反射や光量ロスを低減させる「リフレクトバリアパネル」の採用で、屋外でも見やすい映像を表示する。

 また高画質化エンジン「SVエンジン+」により、シーンに応じた鮮やかでクッキリした画質を実現した。コントラスト比は最大2000:1で、映像によってバックライトをコントロールすることで、自動的に最適な画質に調整する機能を搭載する。

 新たにドルビーラボラトリーズ製の移動端末向け音響技術「ドルビーモバイル」を搭載。またFMトランスミッターにも対応。ドルビーモバイル対応の音声FMラジオ内蔵のコンポやカーオーディオ、カーナビなどにを飛ばして再生できる。

 サイクロイドスタイルで使用することでフルブラウザをPCと同じ横長レイアウトで表示でき、「TOUCH CRUISER」で操作も快適に行える。また、横ワイド画面のままゲーム操作が可能になった。メインカメラは有効320万画素で、オートフォーカスに加え、静止画6軸手ブレ&被写体ブレのダブル補正に対応。サイクロイドポジションでワイド静止画の撮影も行える。

 折りたたみ時のサイズは高さ112×幅50×厚さ18.9mm、重さは約139g。メインディスプレイは解像度横480×縦854ドットの約3.2インチ「フルワイドVGA NewモバイルASV液晶」、サブディスプレイには約0.8インチの有機ELを搭載。外部メモリはmicroSDカード。カラーは、Black、Silver White、Goldの3色。