日本ビクターは1月21日、映画や音楽などのデジタルAVコンテンツを迫力ある臨場感で再生し、長時間でも快適なリスニングが楽しめるインドア用ステレオヘッドホン「HP-RX900」「HP-RX700」2モデルを、2月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は「HPRX900」が8000円前後、「RX700」が5000円前後の見込み。

 2モデルともに、ドライバーユニット背面に配した同心円ダクトにより、ハウジング内の圧力を均等化し、ユニット振動板の振幅を安定させる「サウンドスタビライザー」を搭載することで、高音から低音まで、デジタル音源を高解像度で再生。ドライバーユニット周辺に設けた5つの制振リブが、再生音に歪みをもたらす微細な共振を抑える「5アンチ・レゾナンス」構造によって、クリアなサウンドを再生する。

 上位モデルの「HP-RX900」は、大口径の「φ50mm高磁力高性能ネオジウムドライバーユニット」を採用。音声信号への追従性能に優れた高性能ユニットにより、低音から高音までデジタルAVコンテンツを臨場感豊かに再生する。音の広がりと臨場感を高める「アコースティック(音響)レンズ」を搭載することで、直接音と間接音を最適にチューニングするため、自然な音の広がりと奥行き感のあるサウンドを再生することが可能。ソフトな肌触りと蒸れを抑える「プロテインレザー」に加え、側頭部の形状に馴染む「低反発ウレタン」採用のイヤーパッドにより、快適な装着感で長時間のリスニングも楽しめる。

 いずれも新開発の「ワイドホールド・ヘッドバンド」を採用し、広い面積で頭部を包み込むので、長時間でも安定して装着できる。重さは「HP-RX900」が350g、「HP-RX700」が330g。1.5mの延長コードを付属する。