日本ビクターは1月17日、周囲の騒音を約8分の1に低減するノイズキャンセリングヘッドホン「HP-NC250」を2月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は2万円前後の見込み。

 ハウジング部を2重構造にする「デュアルハウジング構造」を採用し、遮音性を高めたほか、ハウジング内部に内蔵した高性能マイクで周囲の騒音を検知し、くり返し低減を行う「フィードバック方式」を採用することで効果的なノイズキャンセリングを実現した。また、周囲の騒音をノイズキャンセリング回路が出す逆位相の音によって約8分1に低減できるという。

 周波数帯は8Hz-24000Hz。電源は単4形乾電池で、アルカリ乾電池使用時は約50時間のノイズキャンセリングが可能。重さは150gで、コードの長さは1.5m。このほか、携帯に便利なキャリングケースや、航空機用プラグアダプタなどを付属する。