日立マクセル、原音を忠実に再現するiPod用スピーカー

ニュース

2008/01/17 13:18

 日立マクセル(角田義人執行役社長)は、臨場感のある音を出力するiPodスピーカー「MXSP-4000.TD」を1月25日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万5000円前後の見込み。

 原音に近い音を再生する「タイムドメイン理論」を採用する、iPod専用としては初めてのスピーカー。角がないラグビーボールのようなスピーカー部と支柱というシンプルなデザインで、音の歪みの原因となる本体の振動や内部での反射を抑制し、本来の波形を忠実に再現する。

 左右のユニット前面部のふちを緩やかな曲面形状にすることで音が空間全体へ広がり、聴く場所や音量を選ばず、臨場感あふれる音が楽しめる。本体と支柱の間に防振クッションを設置、本体や床との設置面での不要な振動を抑制する。さらに、ユニット後部におもりを固定することでユニットの不要な振動を低減した。これらにより、スピーカーから出力する波形がほとんど崩れず、小音量でも繊細な音まではっきり聞こえる。

 対応するiPodは、第4世代以降のiPod、iPod nano、iPod touch、iPod classic。Dockコネクタを搭載し、iPodの充電も行える。iPod以外の携帯オーディオも使用可能。MP3やAAC、WMAなどの圧縮音源の高域・低域のノイズや音の歪みを抑制し、聴きやすい音質に切り替える「COMFORTプレイモード」も搭載する。

 最大出力は5W×2。電源はACアダプタ。サイズは幅220×奥行き170×高さ240mm、重さは約870g。カラーはブラック。

オススメの記事