ビクター、木の振動板を利用した世界初のカナル型イヤフォン

ニュース

2007/12/27 15:11

 日本ビクターは12月26日、振動板の素材に世界で初めて木を採用したカナル型イヤフォン「HP-FX500」を、08年の2月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万5000円前後の見込み。

 「HP-FX500」は、振動板に世界で初めて木を採用したカナル型イヤフォン。ドーム型に加工したウッドドーム振動板をドライバーユニットに搭載した「ウッドドームユニット」により、音を速く伝え、振動を適度に吸収する。背面に、比重の大きいブラスリングを装備し、振動ロスを低減させた。

 きょう体にも、木を使用した「ウッドハウジング」を装備。コードからの振動を抑制し、ノイズによる音質の劣化を防ぐ制振ジェルを内蔵する。

 ソフトな感触の低反発イヤーピースと、S/M/Lからサイズが選べるシリコンイヤーピースの2タイプを同梱。コードの長さは0.8mで、0.7mの延長コードを付属するほか、キャリングケースも付ける。

オススメの記事