年賀状をギリで間に合わせる必殺ツール、「はがきソフト」の最新売れ筋情報

特集

2007/12/21 22:20

 元旦に年賀状を届けるには、投函期限は12月25日。忙しさにかまけて、まだ何にも手をつけていない人も多いのでは? ギリでもなんとか間に合わせたい! とにかく手早くちゃちゃっと作ってしまいたい! そんなときに頼りになるのがはがき作成ソフトだ。これから買いに走る人のための人気ソフト情報を「BCNランキング」でまとめた。


 12月第2週(12月10?16日)で、最も売れた「はがき作成ソフト」はソースネクストの「筆王ZERO」。販売本数シェア32.8%でランキング1位を獲得した。価格は同社のオンラインショップ価格(以下同)で4980円。OSの公式サポート期間中は常に無料で最新の干支のイラストやフォントが無料でダウンロードできる「更新料ゼロ」が最大の特徴。はがきソフトでは当たり前の住所録機能のほか、デジタル写真編集ツール「The Graphics」、入力した文字から簡単にはんこが作れる「はんこ・メーカー」も搭載する。


 シェア16.7%で2位に入ったクレオの「筆まめVer.18 アップグレード・乗り換え専用DVD-ROM」は、とにかく早く作りたい、もう考えている余裕も時間もないという人向けにはお勧めだ。わずか5つのステップで簡単に裏面のデザインができあがる「特急デザイナー」機能を搭載している。またキーボード操作が不慣れな人でもマウスのクリックで住所入力ができる「ソフトウェアキーボード」も備えている。「筆まめ」シリーズは、5位までDVDの通常版やCDの乗り換え版などがランクインした。価格はCD・DVD共に通常版が5355円、アップグレード・乗り換え専用が3675円。

 はがきソフトは、ほとんどがWindows専用でMacに対応したソフトが少ない。唯一Macに対応した製品が、10位にランクインしたアジェンダの「宛名職人Ver.14 ねずみ DVD版」。シェア1.9%だった。来年の干支であるねずみの素材を収録した「子年用ボーナスCD-ROM」が付属する。ラインアップはDVD版のみで価格は7190円。

 最後にメーカーシェアを見ておこう。1位は販売本数シェア43.1%で「筆まめ」シリーズを販売するクレオ。初心者向け機能が充実していることや、「アップグレード・乗り換え専用DVD-ROM」の価格がソースネクストの「筆王ZERO」よりも少しだけ安いことも影響しているようだ。2位はソースネクストでシェア36.3%。06年までイーフロンティアが発売していた「筆王」の著作権・商標権を取得し、9月7日に更新料無料の「筆王ZERO」として発売して高い獲得している。忙しくて時間が取れない人や、面倒くさがりだけど、年賀状は1月1日に届いて欲しいというワガママな人はこの週末、はがきソフトを買いに走ってはどうだろうか。(BCN・岡本浩一)




*「BCNランキング」は、全国のパソコン専門店や家電量販店など24社・2200を超える店舗からPOSデータを日次で収集・集計しているPOSデータベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで115品目を対象としています。

オススメの記事