ソニーは12月20日、タッチパネルの機能を液晶パネルに内蔵した低温ポリシリコン液晶ディスプレイを開発したと発表した。

 低温ポリシリコンTFT技術をベースに、光センサーと読み出し回路をガラス基板上に形成することで、外付けタッチパネルが不要となった。また指や、光ペンなどの特殊ペンではない簡易なスタイラスによって文字や絵を手書きで入力を行える。画面サイズは3.5型で解像度は640×480ピクセル、表示色が1677万色。

 液晶パネルに内蔵した光センサーを内蔵することで、従来型タッチパネルの課題であったセットの薄型化や、画質とデザイン自由度の向上を可能になった。さらに、光学設計の最適化やセンサー信号処理技術の開発も同時に行い、光センサー信号のS/Nの向上に成功した。