丸紅インフォテック、「音にこだわった」カナル型イヤホンなどを発売

ニュース

2007/11/29 20:37

 丸紅インフォテックは11月29日、米アルテックランシング社製のイヤホン・ヘッドホン「Upgrader Series Headphones(UHP)シリーズ」9製品を、12月中旬から順次発売すると発表した。11月30日から予約を受け付ける。価格はすべてオープン。



 「音にこだわる派向け」「スポーツ向け」「通勤用」をコンセプトに、優れた遮断性が特徴の「Snug Fit」タイプと、周囲のノイズがあっても高品質な音が楽しめる「Air Fit」タイプを用意。9製品をラインアップした。「音にこだわる派」の製品はすべて「Snug Fit」タイプで、「UHP 306」「336」「101」「301」のイヤホン4製品と、「UHP 405」「805」のヘッドホン2製品を発売する。



 「306」と「336」はカナル型のフラッグシップモデル。高級ヘッドホンメーカーの米Ultimate Earsと共同で開発した。「336」は、イヤホンのコードを上向きにして耳にかける「イヤーループスタイル」を採用した。また、「101」では形状記憶型のイヤーパット、「301」にはシリコンイヤーパットを使用した。実勢価格は、「306」が1万3800円前後、「336」が1万6800円前後、「101」が5780円前後、「301」が8980円前後の見込み。



 「405」と「805」は、ヘッドバンド部に軽量・耐久性に優れた「Lexan スチール構造」を採用し、長時間装着しても疲れない設計にした。実勢価格は、「405」が1万7800円前後、「805」は2万9800円前後の見込み。「805」は1月に発売する。



 一方、「スポーツ向け」は「Air Fit」タイプを発売する。ランニングなどの激しい運動向けの「UHP 307」、スポーツや日常使いでも利用できる「UHP 303」を用意した。

 「307」は、スチール製のハンガーを耳にかけてイヤフォンを固定する「スチール耳ハンガー」を採用したイヤホン。運動中にイヤホンが外れる心配がないという。実勢価格は7280円前後の見込み。一方、「303」は、バンド部分が首の後に回るネックバンドを使用したのヘッドホンで、帽子を被るスポーツでも装着できる。実勢価格は1万4800円前後の見込み。

 「通勤用」では、「Air Fit」タイプのヘッドホン「UHP 304」を販売する。ヘッドバンドに動きに強いチタンワイヤー、イヤーパットに通気性のよいスエードを使い、快適な装着感にした。実勢価格は1万6800円前後の見込み。

 会見で米アルテックランシングのジェシカ・チュア・アジアパシフィックマーケティングディレクターは、「多様なライフスタイルに合わせたラインアップを用意した、メガネを変えるようにイヤフォンも用途によって使い分けて欲しい」と話した。



 丸紅インフォテックの佐藤正隆商品MD本部マーケティング部企画開発課リーダーは、「携帯オーディオは毎年5%の成長率で市場が拡大しているが、購入者の約6割が付属品以外のヘッドホンを使用している。新製品ではそうしたユーザーの需要を獲得していきたい」と述べた。



丸紅インフォテック=http://www.m-infotec.co.jp/
アルテックランシング=http://cs.m-infotec.co.jp/altec/


■関連記事
エレコム、バラをデザインした女性向けカナル型イヤホン、6色のカラバリで
フォーカル、アルミニウム合金を使用したカナル型ハイエンドイヤホン
アイソニック、遮音性は耳栓並み! iPod nano専用のカナル型イヤホン
日本MET、バランスド・アーマーチュア型の高音質イヤホン
日立マクセル、2万円前後の密閉型ノイズキャンセリングヘッドホンほか

オススメの記事