タカラトミー、室内用無線ヘリコプター「ヘリQ」、3色のカラバリで

ニュース

2007/11/16 18:02

 タカラトミー(富山幹太郎社長)は、片手でコントロールできる小型の赤外線コントロールヘリコプター「ヘリQ」を11月22日に発売すると発表した。価格は3465円。カラーはブルー、レッド、イエローの3色。

 ヘリコプター型のおもちゃ「ヘリQ」は、コントローラーを使った片手操作に加えて、かわいらしいデフォルメと透明感のあるカラーが特徴。操作は、付属のリモコンのレバーを上下に倒すことで上昇・下降し、レバーを左右に倒せば左右回転の方向転換ができる。飛行可能な範囲は、リモコンの赤外線が届く7-8m。20-30分間のフル充電で約5分の飛行が行える。

 周波数が3種類あり3機までの同時飛行が可能で、友人同士で飛行時間を競ったり、的当てゲームをしたり、さまざまな遊び方が楽しめる。ヘリコプターの脚部は1gまでの重さに耐えられるので、香り袋などをぶら下げて飛行することもできるという。

 同社はこれまで、室内向け赤外線コントロール飛行機として、第1弾の「エアロソアラ」、5秒の充電で30秒の旋回飛行ができる「オートフライト」、机の上などわずか1mの滑走路で離発着まで楽しめる「Qスカイ」を販売。今回の「ヘリQ」も、室内専用の無線で操縦できるおもちゃとして販売する。



タカラトミーhttp://www.takaratomy.co.jp/


■関連記事
なぜ貯金箱が爆発しなければならないのか? 「貯金爆弾」の謎に迫る
タカラトミー、貯金しないと「爆発」する貯金箱、「人生銀行」の新シリーズ
タカラトミー、たった1mの滑走路で離着陸できる室内専用飛行機「Qスカイ」
タカラトミー、600円の赤外線リモコンミニカー、トヨタのプリウスほか7車種
タカラトミー、カードで組み立てる「チョロQ」、作れるマシンは800通り以上

オススメの記事