NTTドコモ、GPS機能を搭載の法人向け位置情報専用端末

ニュース

2007/11/16 10:04

 NTTドコモは11月15日、GPS機能を搭載した位置情報専用端末「CTG-001G」を、法人向けに12月7日に発売すると発表した。端末はドコモの法人営業部がシステム販売する。

 端末はFOMAのGPS対応の携帯電話と同じく、GPS機能を使った高精度な位置情報の取得が可能。法人向け位置情報サービス「ビジネスmopera GPSロケーション」に対応しており、顧客が構築した社内システムとFOMAネットワークを接続することで、「CTG-001G」の位置検索や端末からの現在地の通知が行える。

 スライドスイッチを引くと防犯ブザーが鳴り、連動して現在地通知ができる。位置情報はLED(発光ダイオード)の点灯や音で送受信の確認が可能。そのため、社員や車両の動態管理など社内での利用はもちろん、子供向けの位置検索サービスなど一般ユーザー向けのASPサービスの提供もできる。

 サイズは高さ79×幅43×厚さ23mm、重さは68g。連続待受時間は静止時で約300時間、連続位置通報時で約125時間。防犯ブザー音量は約95dB。

NTTドコモ=http://www.nttdocomo.co.jp/


■関連記事
ドコモ、スマートフォン新シリーズを発表、富士通、HTC製2端末を投入
RIMとドコモ、スマートフォン「Black Berry」本格展開に向け日本語版発売
ドコモ、機能を省きセキュリティ機能を強化した法人用携帯電話「F903iBSC」

オススメの記事