プラネックス、映像機器やゲーム機など最大4台に対応するHDMIセレクタ

ニュース

2007/11/07 16:49

 プラネックスコミュニケーションズ(久保田克昭社長)は11月6日、HDMI出力端子を持つ映像機器を4台まで接続でき、各機器の映像や音声を切り替えてテレビなどに出力できるHDMIセレクタ「HDMI-SW04P」を12月中旬に発売すると発表した。価格は1万2800円。

 テレビにHDMI入力端子が1ポートしかなくても、「HDMI-SW04P」を使うことで、ケーブルを抜き差しせずに、最大4台の機器の中から入力したい機器を選ぶことが可能。ソニーの家庭用ゲーム機「PLAYSTATION3」やDVDレコーダーなど新たなHDMI搭載機器を購入し、HDMIポートが足りなくなった場合や、映像を高画質で楽しみたい場合に活用できる。

 HDMI規格は最新バージョンのver1.3bに対応。HDCP(著作権保護技術)と1080pのフルハイビジョンにも対応し、ブルーレイやHD DVDフォーマットの映像コンテンツ、高画質のゲーム画面なども高精細で鮮明に再現する。手元で使用するポートを切り替えられる専用の赤外線リモコンが付属。本体サイズは幅163×高さ18×奥行き5mm、重さは約210g。

プラネックスコミュニケーションズhttp://www.planex.co.jp/


■関連記事
プラネックス、SDカード対応FMトランスミッター、USBポートも2基装備
プラネックス、マルチディスプレイ環境を構築するUSBアダプタ

オススメの記事