ナナオ(実盛祥隆社長)は11月1日、液晶テレビブランド「EIZO FORIS」の新モデルとして、フルハイビジョン(フルHD)対応モデル「FORIS.HD」の2機種を発売すると発表した。同日から同社直販サイト「EIZOダイレクト」で先行予約を受付開始。11月30日から順次出荷を始める。

 発売するのは27V型「DT27ZD1」と24V型「DT24ZD1」の2モデル。両製品ともに地上・BS・110度CSデジタルチューナーを内蔵し、水平1920×垂直1200画素のフルHD対応液晶パネルを採用。映像の解像度と液晶パネルの解像度が同等のドット・バイ・ドット表示が可能で、映像本来の色や質感を自然に表現できるという。音質面では、スピーカーの音を台座に反射することで低音感を増強する新開発のスピーカーシステムを採用。高音は専用ディフューザーで拡散し、立体的な音場を構築する。



 インターフェイスには、1080pフォーマット入力に対応するHDMI入力端子を3系統搭載。また、デジタル/アナログ入力に対応するPC入力端子も備え、PC用ディスプレイとしても利用できる。さらに、PinP(ピクチャー・イン・ピクチャー)機能を備え、PC画面を映し出している最中でも、小型のサブウィンドウでテレビを視聴できる。

 カラーは両製品ともに、フォリスブルーとホワイトの2色を用意。07年度「グッドデザイン賞」を受賞したデザイン性の高さも特徴で、デザインを手がけた川崎和男・大阪大学大学院教授は、「今回の『FORIS.HD』は、スピーカーのデザインにピタゴラスの定理を用い、『FO』と呼ばれる低音域の表現にこだわった。今後も新しい『FORIS』に期待してほしい」とスケッチブック3冊を使ったというデザインの意図を製品発表会場で説明した。



 販売は、同社の直販サイト「EIZOダイレクト」のほか、直営店「EIZOガレリア」や全国のインテリアショップ、百貨店などのパートナーショップで販売する。価格はオープンで、「EIZOダイレクト」での販売価格は、「DT27ZD1」が18万9000円、「DT24ZD1」が16万8000円。

 橋本雅之・映像技術開発部長は「いまはテレビ、PCの垣根なく映像コンテンツを楽しむ時代。そこで、テレビとPCの融合進化をテーマに、プライベートな空間で、フルHDテレビとしても、パソコン画面としても使えるような映像ターミナルとして開発した」と開発の狙いを語った。

 前田一哉・常務取締役は、「今回のモデルはテレビとPCの融合進化をテーマに掲げたモデル。ユーザーには様々な映像コンテンツを気軽に楽しんでもらいたい。今後も商品力・サービス力の向上を目指した製品開発を進める」と挨拶した。



 あわせて、液晶テレビ「FORTIS.TV SCシリーズ」の32V型「SC32XD2」と26V型「SC26XD2」、20V型「SC20XD2」の3モデルに新色「ホワイト(Limited WHITE)」を追加すると発表した。

 販売期間は11月1日から08年3月31日までで期間限定で、3モデル合計1000台の限定生産。「SC20XD2」は「EIZOダイレクト」「EIZOガレリア」だけでの取り扱い、そのほかのモデルは全国のパートナーショップでも販売する。「EIZOダイレクト」での販売価格は「SC32XD2」が22万500円、「SC26XD2」が18万9000円、「SC20XD2」が13万6500円。

ナナオ=http://www.eizo.co.jp/
「EIZOダイレクト」=http://direct.eizo.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【液晶テレビ】
シャープ、22V型・26V型で業界初のフルHDパネルを採用した液晶テレビ
ナナオ、フルHD対応の24.1型液晶ディスプレイ、HDMI端子でAV機器の接続も
ナナオ、29.8型ワイド液晶ディスプレイ、広色域パネルを初採用