ボーズは9月27日、充電式専用バッテリーを搭載し、電源がない場所でもiPodの音楽を本格サウンドで楽しめるポータブルオーディオシステム「SoundDock Portable」を11月1日に発売すると発表した。価格は4万6200円。

 約3時間のフルボリューム再生が可能な充電式専用バッテリーを備え、電源がない場所でも手軽に持ち運んで、iPodやMP3プレーヤー、CDプレーヤーなどの音楽再生が行えるのが特徴。音質と携帯性を両立させるために音響設計を全面的に見直し、パイプオルガンの重低音や管楽器の管共鳴の原理を応用した低音再生技術「アコースティック・ウェーブガイド」を採用することで、臨場感あふれる低音再生を実現した。

 信号を内部でデジタル変換し、精密なコントロールを行う独自の最新DSP(デジタル・シグナル・プロセッサ)を搭載。iPodなどの音楽再生にマッチするようチューニングするアクティブイコライザーや、小音量でも最適な音響バランスを保つP.A.P.回路、歪みのないクリアなサウンド再生を行うコンプレッション回路などを制御し、リアルで迫力ある高品質なサウンドを再生する。

 本体にiPodを置くだけで、簡単に本格オーディオになる「Dock&Play」を搭載。設定や調整をしなくてもiPodを乗せれば電源が入り、外せば電源が切れる。iPodを置くと自動的に充電を開始し、充電しながら音楽を再生する。強力な磁力を持つ「ネオジウムマグネット」を採用した新開発の60mmドライバーを搭載し、音響の質を保ちながらボディのスリム化も図った。音量調節は、本体側面のタッチセンサーを指でタッチするだけで簡単に行える。本体の操作やiPodの基本操作が行える専用リモコンも付属する。

 背面には外部入力の3.5mmステレオミニジャックを1系統装備し、iPod以外の携帯オーディオやCDプレーヤー、PCなどとの接続も可能。ドック未使用時や持ち運び時には、ドック部分を回転して本体に収納することが可能。背面には持ち運び用の取っ手を付属する。

 カラーはグロスホワイトとグロスブラックの2色。本体サイズはドック使用時で、幅307.0×高さ175.0×奥行き149.5、重さはバッテリー込みで2.37kg。別売りで専用キャリングバッグを6930円、専用バッテリーを1万290円で販売する予定。

ボーズ=http://www.bose.co.jp/