マイクロソフト、個人マネー管理ソフトの最新版「Money Plus Edition」

ニュース

2007/09/28 10:38

 マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は9月27日、個人マネー管理ソフト「Microsoft Money」の最新版「Microsoft Money Plus Edition(マネープラス)」を10月26日に発売すると発表した。また、60日間体験版の無償ダウンロード提供を同日から開始する。

 銀行やクレジットカード、証券といった複数口座の管理、日々の収支管理、預貯金、外貨、株式、ローンなどの多様な金融資産の管理、ライフプランニングまでを総合的に行える個人向けマネー管理ソフト。金融機関やマイクロソフトのマネーポータルサイト「MSNマネー」が提供する「Money電子明細ダウンロード」対応サービスを利用して、取引明細をダウンロード、データ入力の時間と手間を節約できる。

 新バージョンでは本体を起動せずに、データの確認やデータに基づいた通知が行えるガジェット「マイクロソフト マネーインサイト」を新たに搭載。登録した支払予定の確認ができ、支払期日が近づくと通知する「支払予定インサイト」や、各口座の残高および入出金(キャッシュフロー)のバランスを確認できる「キャッシュフロー・インサイト」、気になる費目の支出状況をひと目で確認でき、設定した支出限度額に近づいたり限度額を超えたりすると通知する「支出メーター・インサイト」などの機能を盛り込んだ。

 Word形式やPDF形式などの明細書や領収書などの画像ファイルやドキュメントファイルを特定の取引に関連付けて記録できる。また「MSN マネー残高照会サービス」と連携して、各金融機関のサイトにアクセスせずに取引明細をダウンロードできる「自動明細ダウンロード機能」の無料利用期間を最長2年間に延長した。

 税別価格は「パッケージ版」が1万1800円、「パッケージ版 書籍付き」が1万3000円、「ダウンロード版」が1万800円、「ダウンロード版 バージョン アップグレード」が6800円。パッケージ版では「Money」旧バージョンのユーザーを対象にしたキャッシュバックキャンペーンを10月26日から08年12月31日まで実施する。

マイクロソフト=http://www.microsoft.com/japan/
「Money Plus Edition 60日間体験版」=http://www.microsoft.com/japan/money/


■関連記事
本日の機種別ランキング【ホームソフト】
MS、マネー管理ソフト「MS Money」がビックカメラのポイント残高管理に対応
マイクロソフト、予算管理機能を追加した個人マネー管理ソフトの最新版

オススメの記事