KDDI、EV-DO Rev.A方式に対応したコンパクトフラッシュ型データカード

ニュース

2007/09/21 10:21

 KDDIは9月20日、通信規格「EV-DO Rev.A」方式に対応し、上り最大1.8Mbps・下り最大3.1Mbpsの高速データ通信が可能な京セラ製のコンパクトフラッシュ(CF)型WINデータカード「W04K」を10月下旬に発売すると発表した。

 パソコンやPDAなどのCFスロットに接続可能なデータ通信専用カード。付属のアダプタを使えば、PCMCIAスロットにも装着できる。全国のau携帯電話エリアで利用が可能で、法人ユーザーがイントラネットにリモートでアクセスして使用することも想定し、データ通信カード初のGPS機能や、接続先限定機能などを盛り込んだ。イントラ接続型「WIN DATA CARD 定額サービス」にも対応する。

 本体サイズは幅43mm×高さ73mm×奥行き4.9mm、重さは約30g。対応OSは、Windows Vista/XP/2000、PocketPC(PDA)。

KDDIhttp://www.kddi.com/
京セラhttp://www.kyocera.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング(データ端末・データカード)
KDDI、米インテルなど6社、モバイルWiMAX事業会社に共同出資
KDDI、ワンセグ対応ケータイの契約数が累計500万台を突破

オススメの記事