オリンパス、丈夫なステンレス外装のかんたんデジカメ、カメラポーチ付き

ニュース

2007/09/13 20:24

 オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は9月13日、有効710万画素のCCDを搭載したコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA FE-220D」を9月22日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は2万3000円前後の見込み。

 誰でも使えるよう、使用頻度の高いボタンを独立して配置するなど、ボタン類の配置や機能の数、説明方法を工夫し、使いやすさに重点を置いた「FE(フレンドリー&イージ)シリーズ」の新モデル。07年2月発売の「FE-220」の後継機種で、デザインを若干変更し、新たにカメラポーチを同梱した。その他の機能や仕様は「FE-220」と同じ。

 最薄部20mmの軽量・スリムボディに、35mmフィルム換算で38-114mmの光学3倍ズームレンズを搭載。外装には丈夫で錆びにくいステンレスを採用し、シルバーを基調に、新たにレンズ周りにゴールドのアクセントを加え、高級感あるデザインに仕上げた。

 記録媒体は2GBまでのxD-ピクチャーカード。約6.5MBの内蔵メモリにも記録できる。液晶モニターのサイズは2.5型。本体サイズは幅92.0×高さ55.0×奥行き(レンズ部)22.4mm、重さは122g。

オリンパスイメージング=http://olympus-imaging.jp/
「CAMEDIA FE-220D」=http://olympus-imaging.jp/product/compact/fe220d/


■関連記事
本日の機種別ランキング(コンパクトデジタルカメラ)
オリンパス、世界最高の高感度撮影が可能なデジカメなど5モデル
オリンパス、防水機能を水深10mに強化したコンパクトデジカメ「μ 795SW」
オリンパス、コンパクトデジカメ「μ」シリーズ初の1200万画素モデル

オススメの記事