オリンパス、容量2GBで最新サラウンド方式や高性能マイク採用のICレコーダー

ニュース

2007/08/29 15:44

 オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は8月29日、容量2GBの内蔵メモリを搭載し、高音質で録音・再生が可能なICレコーダー「Voice-Trek(ボイストレック) DS-60」を9月14日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

 大型の液晶ディスプレイを備え、USBケーブルでPCと接続できるICレコーダー「Voice-Trek DSシリーズ」の最上位モデル。容量2GBの内蔵メモリに、最高音質の「ステレオXQモード」で35時間10分、長時間録音ができる「LPモード」で最長551時間の録音ができる。また、新開発の着脱式高性能ステレオマイクを採用することで、録音時のノイズも従来の製品より低減させた。

 従来の「ステレオ録音モード」に加え、新たに最新の指向特性制御技術「DVM」を採用する「指向性マイクモード」を搭載。正面方向に指向特性を持たせた録音ができるので、側面方向からの雑音を低減し、講演会や講義など離れた場所の音源をクリアに録音できる。音声の再生時には、新たに映画館やプロの音響機器で採用されているサラウンド方式「EUPHONY」のモバイル版「EUPHONY MOBILE」をICレコーダーとして初めて搭載。長時間聴いても疲れにくい快適なサラウンド音質を実現した。

 録音時のファイル形式はWMA。再生はWMAに加えてMP3にも対応し、付属ソフトの「DSS Player ver.7」を使用すれば、音楽ファイルやポッドキャストも転送して聴くことができる。電源は単4形電池2本。本体サイズは長さ111×幅37.5×厚さ16mm、重さは電池込みで80g。

オリンパスイメージング=http://olympus-imaging.jp/
「Voice-Trek DS-60」=http://olympus-imaging.jp/voicetrek/ds60/index.html


■関連記事
本日の機種別ランキング(ICレコーダー)
オリンパス、ICレコーダー「V-51」にネイビーブルーの新色、1万台限定で
オリンパス、USB端子に直結できるICレコーダーに512MBと256MBの2モデル

オススメの記事