リコー、光学7.1倍ズームと新高画質エンジン搭載のコンパクトデジカメ

ニュース

2007/08/28 20:45

 リコー(近藤史朗社長)は、本体最薄部の厚さが20.6mmで光学7.1倍の広角・高倍率ズームを装備したコンパクトデジタルカメラ「Caplio(キャプリオ) R7」を9月14日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は4万円台後半の見込み。

 35mmフィルムカメラ換算で28?200mmの光学7.1倍ズームレンズを搭載。薄型ボディや広角・高倍率ズーム、手ブレ補正、フェイスモードなどは前モデルの「Caplio R6」から引き継ぎ、新たにより高画質な撮影を可能にする新画像処理エンジン「スムースイメージングエンジンIII」と有効815万画素の新CCDを搭載した。また、露出補正やホワイトバランスを簡単に設定できるADJ.(アジャスト)ボタンに十字キーの機能を追加し使い勝手を高め、撮影した画像に対してカメラ内で明度やコントラスト、色味を補正できる撮影後画像補正機能を搭載した。

 モニターには広視野角で見やすい2.7型液晶を採用。メモリカードはSDメモリカード、SDHCメモリカード、マルチメディアカードに対応、24MBの内蔵メモリも搭載する。本体サイズは幅99.6×高さ55.0×奥行き20.6mm。重さは135g。

リコーhttp://www.ricoh.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング(コンパクトデジタルカメラ)
リコー、ファインダー脱着式の24mm広角レンズ搭載コンパクトデジカメ
リコー、7.1倍ズームで厚さ20.6mmの薄型デジカメ、顔を美しく撮るモードも

オススメの記事