エルザ、CPU負荷率を抑えて次世代DVDを再生可能なグラフィックスボード

ニュース

2007/08/28 16:17

 エルザジャパンは8月27日、NVIDIAの最新GPU「NVIDIA GeForce 8400 GS」を搭載したグラフィックスボード「ELSA GLADIAC 584 GS LP 256MB」を9月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万円前後の見込み。

 Blu-ray Disc(BD)やHD DVDに採用されているコンテンツ保護機能「HDCP」とデュアルリンクDVIに対応。H.264コンテンツ再生時に、GPUによる再生支援機能によってCPUの負荷率を大幅に低減させる「NVIDIA Pure Video HD Gen2」技術も搭載し、CPUへの負荷を抑えながら、高画質な次世代DVDコンテンツを再生することができる。

 ロープロファイルデザインに対応したブラケットが付属し、省スペース型パソコンにも装着可能。また、新機構FDB(Fluid Dynamic Bearing)ファンを採用することで、ベアリングの摩擦によって発生するノイズを軽減し、ファンの騒音値を19.3dbまで抑えた。さらにアルミ製の大型ヒートシンクを採用し、冷却効率の向上と高い静音性を実現した。

 製品には、BDやHD DVD、DVDの再生に対応したジャングルのマルチメディアプレイヤーソフト「Arcsoft DigitalTheatre」の15日体験版が付属。対応OSはWindows Vista、XP、2000。コネクタはDVI-I、VGA、ビデオ出力各1。

エルザジャパン=http://www.elsa-jp.co.jp/
ジャングル=http://www.junglejapan.com/
「Arcsoft DigitalTheatre」


■関連記事
本日の機種別ランキング(グラフィックボード)

オススメの記事