プリンストン、PCに挿したままで邪魔にならない超小型Bluetoothアダプタ

ニュース

2007/08/24 16:39

 プリンストンテクノロジー(池田譲治社長)は8月24日、Bluetooth Ver2.0+EDRに対応する超小型のUSBアダプタ「PTM-UBT3S」を9月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は2480円前後の見込み。

 パソコンのUSBポートに接続することで、Bluetooth非対応のパソコンでも、Bluetooth対応キーボードマウス、プリンタ、携帯電話などを利用できるようにするアダプタ。同社のBluetoothイヤフォン「PTM-BEM3」と組み合わせれば、ワイヤレスでボイスチャットができる。

 USB接続タイプでは国内最小・最軽量クラスのコンパクトボディが特徴。パソコンのUSBポートに装着した場合、わずか約8mmしかポートの外に本体が出っ張らないため、挿したままでも邪魔にならないという。通信距離は約10m。サイズは幅14×奥行き19×高さ4.5mm、重さは5.5g。

プリンストンテクノロジー=http://www.princeton.co.jp/
「PTM-UBT3S」=http://www.princeton.co.jp/product/mobile/ptmubt3s.html


■関連記事
プリンストン、グレアパネルを採用した22・19インチワイド液晶ディスプレイ
プリンストン、厚さ5mmで疲れにくいタブレット、Photoshop Elements付きも
プリンストン、充電やデータ転送も可能な第2代iPod shuffle専用スピーカー

オススメの記事