シーマ、A5サイズのDVDプレーヤーと薄さ2cmの7インチワイド液晶モニター

ニュース

2007/08/24 12:40

 シーマ・ラボラトリー(シーマ、志麻輝登良代表取締役)は、デュアルモニター出力対応のコンパクトなDVDプレーヤー「CSDP-500」を8月下旬に、7インチワイドの薄型液晶モニター「CLCD-507」を9月中旬に発売する。価格はオープン。実勢価格は、「CSDP-500」が6980円前後、「CLCD-507」が9980円前後の見込み。

 「CSDP-500」はA5サイズと同等の幅22×高さ3×奥行き16cm、重さ約400gのコンパクトな形状が特徴。自動車内などの揺れる場所でも映像の飛びや乱れを防ぐ独自の耐震機能を備え、持ち運びに適した設計にした。

 再生可能なメディアは、CD-R/-RW、DVD-R/+R/-RW/+RW/-R DL(2層)/+R DL(2層)、DVD-RAMの9種類。USB端子とメモリカードスロットも搭載しており、デジタルカメラ携帯電話で撮影した静止画や、MPEG-4やMP3などで記録した動画・音声も再生できる。

 「CLCD-507」は、付属の音声/映像&DC電源ケーブル1本で「CSDP-500」に接続し、DVDの映像を表示できる液晶モニター。デザインも「CSDP-500」と一体感を持たせた。別売りの映像ケーブルを使えば、「CSDP-500」以外のDVDプレーヤーなどの映像再生機器も接続できる。

 厚さ2cmの薄型ボディに、解像度480×234ピクセルの7インチワイド液晶パネルを搭載。本体下部には1.5wのステレオスピーカーも内蔵した。壁掛け用の穴を備え壁掛け設置に対応するほか、付属の車載用ヘッドレストバッグを使用すれば、車のヘッドレストに取り付けて利用可能。

シーマ・ラボラトリー=http://www.cima.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング(DVDプレーヤー)
ソニー、最長6時間連続再生できるワンセグ対応ポータブルDVDプレーヤー

オススメの記事