ディーオン(赤坂幸宣社長)は8月23日、PC接続用の端子を備えたワイド液晶テレビ「CANDELA」シリーズで、地上デジタルチューナーを搭載した20V型「CLV20WD1」、26V型「CLV26WD1」、32V型「CLV32WD1」の3機種を8月24日から順次発売すると発表した。

 「CANDELA」シリーズは、テレビ機能だけでなくPCディスプレイ機能も備えた液晶テレビ。新製品は同シリーズで初めて地上デジタル/アナログチューナーを搭載した。なお、BSデジタル、110度CSデジタル、データ放送、双方向サービス、EPG(電子番組表)には対応しない。また、PC接続時は、映像ソースの解像度とパネル解像度が1対1で対応する「1:1縦横比(リアルドット)」モードで表示できる。

 最大解像度は3機種とも水平1366×垂直768画素で、輝度は20V型が450cd/m2、26V・32V型が500cd/m2。コントラスト比は20V・26V型が700:1、32V型が1200:1。P入力端子は、著作権保護機能のHDCP対応のDVI-I端子、HDMI端子、D4端子などを搭載する。光デジタルオーディオ出力端子も備える。

 同社の直販サイト「CANDELA Direct」の送料込み価格は、20V型「CLV20WD1」が5万9800円、26V型「LV26WD1」が6万9800円、32V型「CLV32WD1」が79800円。

CANDELA Direct=http://cand312.shop1.makeshop.jp/
「CLV20WD1」
「CLV26WD1」
「CLV32WD1」


■関連記事
本日の機種別ランキング(液晶テレビ)
シャープ、最薄部20mm、コントラスト比10万:1の新パネル搭載試作テレビ公開
三菱、新開発パネル搭載52V型液晶テレビや初のリンク機能対応レコーダーなど
東芝、他社のAV機器とも連動可能な「レグザリンク」対応液晶テレビ計15機種