オリンパス、USB端子に直結できるICレコーダーに512MBと256MBの2モデル

ニュース

2007/08/10 14:54

 オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は8月9日、512MBの内蔵メモリを搭載したICレコーダー「Voice-Trek(ボイストレック) V-41」を9月7日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万6000円前後の見込み。

 「V-41」は、PCのUSB端子にダイレクト接続ができるセパレート型デザインを採用した「Voice-Trek Vシリーズ」の上位機種の512MBモデル。容量2GBの上位モデル「V-61」、同1GBの「V-51」と同じく、WMA形式のステレオ録音に対応し、最高音質のステレオ超高音質モードで約8時間45分録音できる。音楽の再生にも対応し、WMA、MP3形式の音声ファイルを再生できる。語学学習・書き起こしに便利な再生機能やノイズ除去機能も搭載。本体サイズは長さ94.8×幅38.6×厚さ11mm、重さは47g。

また同時に、内蔵メモリ256MBのエントリーモデル「Voice-Trek V-13」も発売する。記録形式はWMAモノラル録音のみで、MP3ファイルの再生には対応しない。モノラル高音質モードで約17時間35分の録音が可能。本体サイズは長さ94.7×幅37.0×厚さ10mm、重さ46g。価格はオープンで、実勢価格は1万円前後の見込み。

オリンパスイメージング=http://olympus-imaging.jp/
「Voice-Trek V-41」=http://olympus-imaging.jp/voicetrek/v41/
「Voice-Trek V-13」=http://olympus-imaging.jp/voicetrek/v13/


■関連記事
本日の機種別ランキング(ICレコーダー)
オリンパス、ICレコーダー「V-51」にネイビーブルーの新色、1万台限定で

オススメの記事