チューリッヒ、GPS緊急通報サービスのキャリアにNTTドコモを追加

サービス

2007/08/09 10:05

 チューリッヒ保険会社は8月8日、同社のサイトにアクセスできるQRコードを掲載した「Zステッカー」に組み込んだ「GPS緊急通報サービス」を、NTTドコモのインターネットサービス「iモード」に対応させたと発表した。

 これまでauKDDI)のインターネットサービス「EZweb」のGPS対応機種でサービスを提供してきたが、今回、NTTドコモの「iモード」のGPS対応機種でも利用可能にし、「iモード」公式サイトからもアクセスできるようした。

 「Zステッカー」は、同社の自動車保険とバイク保険の契約者向けに06年9月に導入したサービス。万が一、事故やカートラブルに遭遇した場合、ステッカー上のQRコードを携帯電話カメラで読み取るだけで、携帯サイトを通して簡単にチューリッヒに連絡することができる。サイトへアクセスした際、電話やメールのほか、「GPS緊急通報」を利用することで簡単な操作で自分の位置を知らせ、GPS機能利用時には携帯電話で撮影した事故現場や事故車両の写真を送信できる。

 なお、GPS緊急通報サービスの提供は、セック(秋山逸志社長)のLBS(Location Based Services)ソリューション「airLook」を採用した。

チューリッヒ保険会社=http://www.zurich.co.jp/
セック=http://www.sec.co.jp/

オススメの記事