マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は8月6日、長時間使用しても疲れにくいエルゴノミクス(人間工学)デザインを採用したワイヤレスキーボードとワイヤレスレーザーマウスのセット「Natural Ergonomic Desktop 7000」を8月31日に発売すると発表した。税別価格は1万2800円。

 「Natural Ergonomic Keyboard 4000」の2.4GHzワイヤレスバージョンで、手や腕を自然な位置に置ける傾斜付きのキー配列デザインを採用したキーボードに、エルゴノミクスデザインのマウスのリニューアルモデルを同梱した。無線方式を27MHzから2.4GHzにアップグレード。半径約10m以内なら障害物の多いデスク上でも快適に操作できる。キーボード、マウスともに電池寿命は約6か月。

   キーボードは取り外し可能なパームリフトを装着し、キーボードに傾斜を加えると、手首や腕をより自然な位置に保つことができる。また、頻繁に使うファイルやWebサイトをカスタマイズできる5つの「ユーザー設定ホットキー」や、ブラウザの「戻る」「進む」ボタンを搭載。画面上のファイルや画像を簡単に拡大、縮小できるズームスライダも装備する。

  マウスは、スムーズで正確な動作が可能な高解像度レーザーテクノロジーを採用。センサーの解像度1000dpiに設定すれば、小さな動作でもポインタが正確に反応する。ホイールを含めカスタマイズ可能な5つのボタンを備え、開いているファイルの一覧などを表示できる「インスタントビューア」、簡単にクリックした場所を拡大表示する「拡大鏡」などのソフトウェア機能も装備。ホイール部分は、垂直スクロールに加え、水平スクロールにも対応する。

  パームリフト装着時のキーボードのサイズは、縦260×横505×高さ67mm、マウスは縦105×横77×高さ61mm。対応OSはWindows Vista、XP、2000とMac OS X 10.2から10.4.x。

マイクロソフト=http://www.microsoft.com/japan/


■関連記事
本日の機種別ランキング(マウス)
本日の機種別ランキング(キーボード)