タイトー、エヴァのケータイゲームを配信開始、まずはソフトバンクMから

ニュース

2007/08/02 10:09

 タイトー(和田洋一社長)は、SFロボットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の世界を舞台にした携帯電話用ゲーム「シークレット オブ エヴァンゲリオン」を、ソフトバンクモバイルの「Yahoo!ケータイ」で配信を開始したと発表した。情報提供料は従量課金制で525円。8月7日からNTTドコモの「iモード」、8月30日からauKDDI)の「EZweb」でも配信を開始する。

 「新世紀エヴァンゲリオン」のTV放送時の第17-24話と98年公開の劇場版をベースに進行するアドベンチャーゲーム。主人公にはオリジナルキャラクター「剣崎キョウヤ」を設定し、「エヴァンゲリオン」の新たな謎に迫るストーリーが展開する。

 ゲームにはアニメには出てこないオリジナルキャラクターをはじめ、「エヴァンゲリオン四号機」も登場。原作のファンでも新たに楽しめるように工夫した。複数のエンディングを用意。プレイヤーの行動や登場キャラクターとの親密度でストーリーや結末が異なるようにした。

タイトーhttp://www.taito.co.jp/
「シークレット オブ エヴァンゲリオン」=http://www.taito.co.jp/mobile/eva/bridge/index.html

オススメの記事