松下、SDカードにフルHDで録るデジタルビデオカメラ、8cmDVD対応モデルも

ニュース

2007/08/01 22:25

 松下電器産業は8月1日、フルハイビジョン(フルHD)で撮影しSDカードに記録できるデジタルビデオカメラ3モデルを8月25日から順次発売すると発表した。価格はいずれもオープン。ラインアップと実勢価格は、横型の「HDC-SD5」と縦型の「HDC-SD7」が14万円前後、8cmDVDにも記録できるハイブリッドタイプの「HDC-SX5」が15万円前後の見込み。


 3モデルともに、水平1920×垂直1080画素のフルハイビジョンで撮影した映像をSDカードに録画できるのが特徴。撮像素子には、業務用ビデオカメラと同様の3CCDカメラシステム「テルニオン 3CCD HD」を採用。自然な色合いと繊細な映像を再現する。

 ノイズを低減し、レンズと撮像素子の特性を最大限に引き出す高画質回路「HD クリスタルエンジン」も搭載する。35ミリフィルムカメラ換算で42.9-429mmの光学10倍ズームレンズを採用。モニターは2.7型ワイド液晶。記録媒体はSDカードのほか、SDHCカードも利用できる。

 
 従来モデルより8倍を超える毎秒約4000回の手ブレ検出を行う「次世代光学式手ブレ補正(アドバンスドO.I.S.)」も採用し、画像のブレを約3分の1に低減した。このほか、黒つぶれや白とびを補正する「コントラスト視覚補正」や、録画開始時から約3秒間さかのぼって録画する「プリREC」などを新たに追加。同社の薄型テレビ「ビエラ」と本体をHDMIケーブルで接続することで、ビエラのリモコン操作で映像が楽しめる「ビエラリンク」にも対応する。 

 

 さらに「HDC-SD5」は、旧モデルの「HDC-SD3」と比べて体積比で約80%、質量比で約79%と小型化。サイズは幅65×高さ67×奥行き135mm、重さは約340g。カラーはシルバーのみ。

 「HDC-SD7」は重さ約290g、体積約300ccと1080i方式のハイビジョン対応デジタルビデオカメラとして世界最小サイズを実現した。サイズは幅52×高さ110×奥行き87mm。カラーはブラックとホワイト。

 「HDC-SX5」は、記録媒体にSDカードのほか、8cmDVDも採用したハイブリッドタイプ。SDカードに録画した映像を、PCを使わずに本体だけでDVDにダビングできる。対応するDVDメディアは8cmDVD-RAM/-R/-RW/-R DL。ファインダーも装備する。サイズは幅84×高さ94×奥行き152mm、重さは約540g。カラーはシルバーのみ。

 なお、松下ネットワークマーケティングが運営するネットショップ「パナセンス」で、3モデル限定のモニター販売を行う。実施期間は8月1日17時から8月15日13時まで。

 
松下電器産業=http://panasonic.co.jp/
「HDC-SD5」=http://panasonic.jp/dvc/sd5/
「HDC-SD7」=http://panasonic.jp/dvc/sd7/
「HDC-SX5」=http://panasonic.jp/dvc/sx5/
「パナセンス」=http://www.sense.panasonic.co.jp/
「モニター販売紹介ページ」


■関連記事
本日の機種別ランキング(デジタルビデオカメラ)
松下、デジカメまかせで顔も夜景も風景もきれいに撮れる「LUMIX」3機種
松下、コンセントに直接差し込める4ポートハブ内蔵の小型PLCアダプター

オススメの記事