ソニー、ハンディカム専用ケースに「たまひよ」で一番人気のパウダーブルー

ニュース

2007/07/26 15:16

 ソニーは7月25日、デジタルビデオカメラ「ハンディカム」専用ソフトキャリングケース「LCS-BBA」の新色「パウダーブルー」を8月25日に発売すると発表した。価格は3675円。

 ベネッセコーポレーションの妊娠・出産・育児雑誌「たまひよ」とのコラボレーション「ハンディカム×たまひよ 幸せ倍増プロジェクト」の活動から生まれた初の商品。これまで黒のみだったソフトキャリングケース「LCS-BBA」のカラーバリエーションとして、「たまひよ」が運営する約2000人の読者モニター組織「たまひよハッピーラボ」でアンケートを行った結果、最も人気の高かった「パウダーブルー」を追加した。

 「LCS-BBA」は、幅190×高さ90×奥行き110mmと小型で、バッグに入れて持ち歩けるすっきりとしたデザインが特徴。対応機種は、「HDR-SR7/SR8/UX7/UX5/CX7/HC7」など。

 「ハンディカム×たまひよ 幸せ倍増プロジェクト」は、ソニーとベネッセの両ブランドの共同プロジェクトとして07年春に発足。子どもを美しい映像に残すことを通して、両親やその周囲の人々が「子どもと一緒にいる幸せ」を実感するシーンが増えるよう、さまざまな活動を展開している。今後も「たまごクラブ」「ひよこクラブ」「たまひよこっこクラブ」の誌面などで、「ハンディカム」の撮り方講座や映像コンテストなどを実施する予定。

ソニー=http://www.sony.co.jp/
ベネッセコーポレーション=http://www.benesse.co.jp/
「たまひよ 幸せ倍増プロジェクト」=http://women.benesse.ne.jp/tamahiyo/happy/


■関連記事
ソニー、最長6時間連続再生できるワンセグ対応ポータブルDVDプレーヤー
ソニースタイル、女性向けウォークマン、キャップやストラップがキラキラ
ソニー、最長301時間録音できるICレコーダー、1万円前後で

オススメの記事