オリンパス、ICレコーダー「V-51」にネイビーブルーの新色、1万台限定で

ニュース

2007/07/24 18:15

 オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は7月24日、PCとUSBでダイレクトに接続できるICレコーダー「Voice-Trek(ボイストレック) V-51」で、新色「ネイビーブルー」を採用した「V-51-BL」を8月3日に1万台限定で発売すると発表した。価格はオープン。

 「Voice-Trek V-51-BL」は、容量1GBのメモリを内蔵したステレオICレコーダー「V-51」の本体カラーを、従来のホワイトからネイビーブルーに変更したモデル

  本体部と電池部を分離するとUSBコネクタが現われる「セパレート型デザイン」を採用し、USBコネクタを直接PCに接続してデータを転送できるのが特徴。録音フォーマットはWMAで、LP(長時間)モード時で約277時間35分、ステレオSP(標準)モードで約70時間55分の長時間録音が可能。再生はWMAとMP3に対応しており、音楽プレーヤーとしても使える。

  音程を変えずに早聞き/遅聞き再生できるほか、語学学習や書き起こしの際に便利な「部分リピート」再生も可能。録音時に300Hz以下の低域ノイズをカットし、音声をよりクリアに録音する「ローカットフィルター機能」や、ノイズキャンセル機能などのノイズ除去機能も搭載する。電源は単4形電池1本。サイズは94.8×38.6×11mm、電池を含む重さは47g。

オリンパスイメージング=http://olympus-imaging.jp/
「Voice-Trek V-51」=http://olympus-imaging.jp/voicetrek/v51/


■関連記事
本日の機種別ランキング(ICレコーダー)
オリンパス、湘南海岸にビーチハウスをオープン、防水デジカメのプロモで
オリンパス、MFで等倍マクロ撮影も可能な70-300mm超望遠ズームレンズ
オリンパス、デジタル一眼「E-510」を6月29日に発売、記念キャンペーンも

オススメの記事