シマンテック、「ノートン 360」で初の店頭イベント、ビックカメラ有楽町店

イベント

2007/07/13 20:15

 シマンテックは7月13日、3月に発売した総合セキュリティソフト「ノートン 360」のキャンペーンを東京・千代田区のビックカメラ有楽町店で開始した。実施期間は7月13-19日。

  「ノートン 360」は、ウイルスやスパイウェアなどのセキュリティ対策のほか、オンライン詐欺を防ぐ機能、ファイルの自動バックアップと復元、パソコンの処理速度低下の防止などを行う総合セキュリティソフト。難しい設定が不要で簡単に導入でき、1本で家庭内のパソコン3台まで使用できるのが特徴。



  ビックカメラ有楽町店の店頭イベントスペースでは、同製品を陳列した2つのワゴンを設置。「ノートン 360」の魅力を通行人や買い物客にマイクで伝えるキャペンガールも浴衣姿で登場した。また、有楽町駅前の2か所で、景品と引き換えできるクーポン付きのうちわを配布。クーポンは、店頭イベントスペースのカウンターに持って行けば景品と交換できる。



  景品は「ノートン 360」の機能とセキュリティソフトの必要性について、マンガで分かりやすく紹介した小冊子「新・セキュリティ家内安全」と、同製品のパッケージを模倣した小型ケースを使用したロッテのグリーンガム。「セキュリティのマナーもお口のマナーも忘れずに」をコンセプトにした。

 さらに、「ノートン 360」の購入者を対象に抽選会も行う。1等はJTB旅行券3万6000円分を3人、2等はビックカメラの商品券1000円分を30人、3等はシマンテックのオリジナルマウスを50人にプレゼントする。



 今回のキャンペーンは、「シマンテックの夏応援キャンペーン」の一つ。同社が実施する催しとしては初めて家電量販店で行うもので、「(「ノートン 360」の)認知度を高めるのが目的」としている。もう一つのキャンペーンは、「ノートン 360」標準版を購入したユーザーを対象とする「1000円キャッシュバック」を4月27日から既に実施している。同社では、両キャンペーンを夏商戦の梃入れと位置づけ、主にセキュリティソフト初心者に向けて訴求していく。

 ビックカメラ有楽町店のPCソフトコーナー担当者は、「(初日の午前中で既に同製品に関する)接客を行っており、手ごたえを感じている。『ノートン』は知名度が高いので、キャンペーンでの注目度は高い」と感触を語った。



シマンテック=http://www.symantec.com/ja/jp/
ビックカメラ=http://www.biccamera.com/
「ノートン 360」=http://www.symantec.com/region/jp/norton360/


■関連記事
シマンテック、8割が「パフォーマンスに不満」、パソコンのストレス調査

オススメの記事