ペンタックス、有効800万画素の薄型デジカメ「オプティオ M40」など

ニュース

2007/07/13 13:49

 ペンタックス(谷島信彰社長)は7月12日、コンパクトデジタルカメラ「オプティオ」シリーズで、「ペンタックス オプティオ M40」「ペンタックス オプティオ E40」の2モデルを8月上旬から順次発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は8月上旬発売の「M40」が2万円台後半、8月下旬発売の「E40」が2万円前後の見込み。

 両モデルとも、手ブレ、被写体ブレを防ぐ「Digital SR」モードや、人物の顔を検知してピントを合わせ、逆光でも最適な露出設定を自動で行う「顔認識AF&AE」機能を搭載。撮影状況を自動的に判断し、「風景」「ポートレート」「夜景」「標準」の中から適した撮影モードを選択する「オートピクチャー」モードも搭載した。

 「M40」は、専用の薄型バッテリーや小型回路基板を採用し、本体の厚さを18mmに抑えたスタンダードモデル。有効画素数は前モデル「M30」の710万画素から800万画素に高めた。


 35ミリフィルムカメラ換算で36-108mm相当の光学3倍ズームレンズを搭載。また、デジタルズームと併用することで最大12倍相当のズーム撮影が可能。記録メディアはSDメモリカード、SDHCメモリカードで、約21.9MBの内蔵メモリも搭載する。本体サイズは幅97.5×高さ57.5×厚さ18.0mm、重さは115g。カラーはシルバー、パープル、ブラウンの3色。

 「E40」は、シンプルで分かりやすい操作性が特徴のエントリーモデル。静止画撮影時に各種設定を自動で行う「グリーンモード」を搭載した。ボタン1つで、撮影シーンに応じた露出や感度、ホワイドバランスなどの自動設定を行い、デジタルカメラを初めて使うユーザーでも簡単に撮影ができる。

 有効画素数は810万画素で、35ミリフィルムカメラ換算で37.5-112.5mm相当の光学3倍ズームレンズを搭載。記録メディアはSDメモリカード、SDHCメモリカードで、約10MBの内蔵メモリも搭載する。電源は単3型乾電池2本で、本体サイズは幅94×高さ60×厚さ24mm、重さは130g。カラーはシルバーのみ。

ペンタックス=http://www.pentax.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング(コンパクトデジタルカメラ)
ペンタックス、ゴミ除去機構を備えたデジタル一眼エントリーモデル
ペンタックス、カメラグランプリ受賞記念「K10D」特別モデル、5000台限定で

オススメの記事