マイクロソフトと産経新聞グループの産経デジタルは6月27日、共同でニュースサイト「MSN産経ニュース」を10月1日に開設すると発表した。

 マイクロソフトと産経新聞グループの産経デジタルは6月27日、共同でニュースサイト「MSN産経ニュース」を10月1日に開設すると発表した。

 マイクロソフトは、同社が運営するポータルサイト「MSN」での新たなニュースサービスの提供開始に向け、産経新聞グループと業務提携し、産経新聞のウェブサイト「Sankei Web」を発展成長させるかたちで、双方の技術力やコンテンツ、ノウハウを融合した「MSN産経ニュース」をオープンする。

 具体的には、Live Search、Contextual Search(仮称)やWindows Live Messenger、Windows Live HotmailなどのWindows Liveサービスと連携、ユーザーがより利便性を感じられるニュースサイトを実現する。一方、産経新聞グループはこれまでに培った編集ノウハウなどを発揮し、「新聞を超えるニュースサイト」を目指す。

 なお、「Sankei Web」は新サイトに発展的に統合するが、産経デジタルが運営している「iza(イザ!)」や「SANSPO.COM」「ZAKZAK」などその他のサイトは、従来通り独立したサービスを続ける。

 また、マイクロソフトが現在、毎日新聞社と共同で運営しているニュースサイト「MSN毎日インタラクティブ」は9月30日でサービスを終了。毎日新聞社はニュースを中心に、ユーザー参加型コンテンツも充実させた総合情報サイト「mainichi.jp」を10月1日に開設する。