オリンパスイメージングは6月26日、フォーサーズシステム規格に対応したデジタル一眼レフカメラ専用の望遠ズームレンズ「ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6」を10月に発売すると発表した。価格は4万9875円。

 オリンパスイメージングは6月26日、フォーサーズシステム規格に対応したデジタル一眼レフカメラ専用の望遠ズームレンズ「ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-5.6」を10月に発売すると発表した。価格は4万9875円。

 焦点距離は70-300mm、35ミリフィルム換算では140-600mm。色のにじみを補正するEDレンズを3枚使用し、マルチコートを施すことで逆行撮影時にゴーストやフレアを最小限に抑えた。EDレンズ3枚を含めたレンズ構成は10群14枚。

 MF(マニュアルフォーカス)撮影ではズーム全域で最短96cmまでのクローズアップ撮影ができるほか、最大撮影時で0.5倍、35ミリフィルムカメラ換算で等倍のマクロ撮影も可能。AF(オートフォーカス)撮影の場合は、ズーム全域で1.2mまでのクローズアップ撮影ができる。また、ボディ内手ブレ補正機能を搭載したオリンパス製のデジタル一眼レフカメラ「E-510」と組み合わせれば、300mmの望遠側でも手ブレを抑えた撮影が楽しめる。

 サイズは口径80×全長127mm、重さは620g。やわらかなボケ味のある撮影ができるよう、円形絞りを採用した。絞り羽枚数は9枚。レンズフードとレンズキャップが付属する。