富士通は6月25日、企業向けコンバーチブル型タブレットPC「FMV?LIFEBOOK Tシリーズ/Pシリーズ」に、12.1型ワイド液晶搭載コンバーチブル型としては世界最軽量の「FMV?T8140」を追加し、従来ラインアップに「Windows Vista Business」搭載モデルや、最新デュアルコアCPU「Core 2 Duo」搭載モデルを加えた全3シリーズ7機種の販売を開始した。

 富士通は6月25日、企業向けコンバーチブル型タブレットPC「FMV?LIFEBOOK Tシリーズ/Pシリーズ」に、12.1型ワイド液晶搭載コンバーチブル型としては世界最軽量の「FMV?T8140」を追加し、従来ラインアップに「Windows Vista Business」搭載モデルや、最新デュアルコアCPU「Core 2 Duo」搭載モデルを加えた全3シリーズ7機種の販売を開始した。

 「FMV-T8140」は、搭載するOSやメモリ、HDD容量などが変更できるカスタムメイドに対応したモデル。最小構成価格は、CPUにCore 2 Duo U7500(1.06GHz)を搭載し、OSに「Windows XP Tablet PC Edition」を選択した場合で24万5000円から、「Windows Vista Business」搭載モデルは26万5000円から。

 背面カバーにマグネシウム合金を採用し、200kgf(キログラム重)の全面加圧をクリアした高い耐久性と最薄部33mm、重さ約1.49kgの軽量化を実現した。Windows XP Tablet PC Edition 2005搭載時、標準バッテリーで約7.2時間、内蔵バッテリパック(L)搭載で約11.3時間の長時間稼動が可能。カスタムメイドで、HDDの代わりに、16GB・32GBのフラッシュメモリディスクを搭載することもできる。ただし、Windows Vista搭載時は32GBのみ。

 ディスプレイには約160度の広い視野角を持つ、12.1インチワイド液晶を採用した。キーピッチ19mmを確保したキーボードのほか、スティックポイントも備え、操作性を向上。指紋認証、セキュリティボタン、セキュリティチップなど、多彩なセキュリティ機能も標準搭載する。