ジャストシステム(浮川和宣社長)は6月19日、日本語入力システム「ATOK 2007」のユーザー向けに、はてな(近藤淳也代表取締役)が展開するユーザー参加型のオンライン辞書「はてなダイアリーキーワード」を利用した「はてなダイアリーキーワード辞書 for ATOK」の提供を開始した。

 ジャストシステム(浮川和宣社長)は6月19日、日本語入力システム「ATOK 2007」のユーザー向けに、はてな(近藤淳也代表取締役)が展開するユーザー参加型のオンライン辞書「はてなダイアリーキーワード」を利用した「はてなダイアリーキーワード辞書 for ATOK」の提供を開始した。

 「はてなダイアリーキーワード」約20万語のうち、はてなのブログサービス「はてなダイアリー」のユーザーからのアクセス数が多い上位5万語(07年5月末時点)を収録。「ATOK 2007」で利用できる変換辞書、省入力データ、電子辞典で構成し、同辞書を使うことで、入力した言葉を「はてなダイアリーキーワード」に登録されている通りにスムーズに変換することができる。

 また、省入力データ変換中の言葉に対して、はてなダイアリーキーワードにおける説明の抜粋を参照したり、その言葉を説明している「はてな」のサイト上のページにジャンプしたりもできる。主な収録語例は、アルファブロガー、タグクラウド、ウェブログ、読了、ガジェット、ギザカワユス、ネカフェ難民、スレタイなど。なお、「はてなダイアリーキーワード」のコンテンツが書籍以外の製品に提供されるのは、今回が初めて。

 対象ユーザーは、「JUST Suite 2007」「一太郎2007」「ATOK 2007 for Windows」「ATOK 2007 for Windows [プレミアム]」「花子2007 [ATOK 2007セット]」「Agree 2007 [ATOK 2007セット]」の登録ユーザーで、「ATOK」の新機能や、最新の辞書・辞典コンテンツを無償で提供する「ATOKバリューアップサービス [ベータ]」のサイトからダウンロードできる。提供期間は08年3月末までの予定。

 ジャストシステムとはてなは、「はてなダイアリー」のユーザーが作成・共有するキーワード群「はてなダイアリーキーワード」のコンテンツが活用できるサービスの提供で連携。第1弾として「ATOKバリューアップサービス [ベータ]」に「はてなダイアリーキーワード辞書 for ATOK」を追加し、提供を開始した。両社は今後も、技術・コンテンツやノウハウなどを連携させ、新たなサービスを提供していく方針。