ペンタックスは6月14日、有効1020万画素のデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K10D」がカメラ記者クラブ主催の「カメラグランプリ2007」を受賞したことを記念し、特別限定セットモデル「PENTAX K10D グランプリパッケージ」を7月12日に発売すると発表した。5000台限定で販売する。価格はオープン。実勢価格は14万円前後の見込み。


 グランプリ受賞を記念した特別カラーやロゴなどをあしらった「PENTAX K10D GP」とバッテリーグリップ「D-BG2 GP」、グランプリ記念ストラップ「O-ST55」のセット。「K10D」本体はラバーのカラーを記念モデル限定のダークブランに配色。また、前面の「PENTAX」のロゴ、左手側前面の「K10D」のロゴ、上面のモードダイヤルの文字色を金色にしたほか、「CAMERA GRAND PRIX 2007」の文字とロゴマークを背面の液晶モニター下部にあしらった。カメラ本体には、グランプリパッケージ限定のシリアルナンバーも刻む。

 バッテリーグリップのカラーも、カメラ本体と同じくダークブランを採用。ストラップは、革製の素材に「CAMERA GRAND PRIX 2007」の文字とロゴマーク、「K10D」のロゴを金色で入れている。

 また、記念モデルの「K10D」のファームウェアには、内部に搭載する超音波モーターによって、静かで滑らかなオートフォーカスを実現する「SDM」機構に対応した最新版「Ver.1.30」を搭載した。ファームウェアを除くカメラ本体とバッテリーグリップの仕様は通常モデルと同じ。