三洋電機は6月13日、本体からスクリーン面までわずか8cmの距離で80型の大画面を投映できる超・短焦点プロジェクター「LP-XL50」を12月21日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は60万円前後の見込み。

 高精度非球面ミラーや、大口径非球面レンズを開発することで世界最短の8cmの設置距離で80型の投映を実現し、壁や床にぴったり置いても60-80型の画面を投映することができる。

 新開発の光学エンジンにより設置距離を短くしても歪みのない画像で大画面が可能となり、さらにミラーによって投映光の方向を変えて設置性を向上させた。この独自の光学技術と冷却機構で、本体の縦横両方の設置に対応。冷却構造には、本体側面一か所吸気・側面一か所排気のワンウェイフローシステムを採用した。

 また、スクリーンが準備できない場合でも、色のついた壁に簡易投映が可能な「カラーボードモード」や、教室などで黒板に簡易投映が可能な「黒板モード」など、さまざまな利用シーンを想定した機能を搭載する。方式は3原色液晶シャッター投映方式で、明るさは2000ルーメン。本体サイズは幅374×高さ196.8×奥行495mm、重さは7.8kg。